1. HOME
  2. ブログ
  3. 畳の張替えの費用や相場?国産・中国産など徹底比較!

畳の張替えの費用や相場?国産・中国産など徹底比較!

家の畳を張り替えたいけど、どのくらい費用がかかるのか分からなくて困ったことはありませんか?
この記事では、ざっくりと畳の張替えにかかる費用を、畳の産地や張替え方法で徹底比較しました。

ざっくりとどのくらいかかるの?

畳の張替え費用については、どんな畳表にするかによってピンキリですので一概にいくらかかるとは言えません。
ネットやチラシで調べると最安値は、1畳2000円前後といったところでしょう。

基本的に、張替えの際には業者に連絡して見積もりを出してもらうのが一番手っ取り早いです。
大体の業者は見積もり相談は無料で行っていることが多いので、電話等でざっくりの予算を伝え、見積もりを出してもらいましょう。

基本的に、いいモノを使えば使うほど、張替え費用は高くなっていきます。
ただし、中には「国産」と偽り中国産を使われたという例もありますので、きちんとした業者選択が必要です。

張替え方法でも費用が違う

畳の張り替えには、3つの張替え方法があることをご存知ですか

  • 裏返し
  • 表替え
  • 新床(交換)

これらは、どの部分をどう張り替えるかが異なります。
その前に、畳の構造をざっくりとイラストで表すとこんな感じになります。

裏返しは、今張ってある畳表を裏返して再利用することです。
表替えは、畳床はそのままに、畳表を新しくすること。
新床(交換)は、畳表と畳床を新しくすることです。

そして、張替えの方法によってかかる費用が違います。

種類 かかる費用
裏返し 作業費
表替え 作業費+畳表代
新床 作業費+畳表代+新床代

裏返しが最も安く、新床まで変えるのが最も費用がかかります。

畳の状態によって、どういう風に張り替えるかを選択する必要があります。
畳の状態をどういう風に見極めるかは、やはり業者に見てもらうのが良いかと思います。

畳の状態は、使い方やお手入れの仕方で大分変わってきます。
キレイに仕上げるのであれば、やはり表替えor新床がお薦めです。

畳の張替えタイミングについては、こちらの記事も見てみて下さい。

中国産と国産の違い

国産と中国産では値段はもちろんのこと、品質も全然違います。
ほとんどぼ場合、中国産が安く、国産が高いです。

中国産の特徴として…

  • い草が固い
  • しなやかさがない
  • 色は着色してるものが多く、強い緑色
  • 臭い(梅雨時などに、水分をふくむと臭い)ものがある。

もちろん、全ての中国産の畳表がそうではありませんが、経験上こういった畳表が多い印象です。
特に、中国産の畳表は着色しているので、パッと見は緑色が強いので綺麗です。

ですが、い草本来のもつ自然の色味ではないので、個人的にはあまりオススメしません。

もちろん国産でも、品質の良いモノ、悪いモノがあります。
なかなかそれを見極めるのは難しいので、やはり信頼できる業者を選択するということしかありません。

まとめ

中国産・国産の違いについてこれまでまとめました。
「中国産を国産と偽って提供している」ことが非常に問題であると感じています。
たたみ無双ではこのようなことが無いよう、きちんと産地にこだわって仕入れをしています。

これは熊本産/熊本が最終加工地であるというものの、証明タグになります。
(たたみ無双ではこういった取り組みをして、品質の担保を日々努めております)
きちんとコンプライアンスを遵守している業者選択をし、安心して畳の張替えをしたいものですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事